ホワイトニングの料金相場一覧!種類別に解説【施術する前に知っておこう】

ホワイトニングの料金相場はいくらでしょう?

ホワイトニングをしたい時、真っ先に気になるのが料金ですね。

ホワイトニングの方法は

・クリニック
・市販グッズ

に大別することができ、それぞれにおいていくつかの方法があります。

今回はホワイトニングの方法と相場のすべてを紹介します。

クリニックのホワイトニング相場

最初にクリニックのホワイトニングの料金を見ていきましょう。

クリニックのホワイトニングは

・オフィスホワイトニング
・ホームホワイトニング
・セルフホワイトニング

の3種類があります。

オフィスホワイトニングは10,000円~30,000円

オフィスホワイトニングは1回の施術の料金が10,000円~30,000円が平均相場です。

安いところになると10,000円以下で施術を受けられるところがありますし、高いところになると30,000円を超えます。

ホワイトニングには保険診療が存在しないため、自由診療でクリニックによる料金差が激しい現状があります。

コース&プランが用意されているクリニックも多数ありますが、その場合は100,000円を軽く超えてきます。コースやプランがお得かどうかを判断したいなら、「総額」÷「施術回数」から1回の施術の費用を計算すると判断しやすいです。

ホームホワイトニングは1,500円~30,000円

ホームホワイトニングはマウスピースを持っているかどうかで費用が大きく変わります。

初めてホームホワイトニングをする時は必ずマウスピースを作成してもらう必要があり、マウスピースの相場が15,000円~20,000円ほどです。

ジェルの価格が1本あたり1,500円~3,000円ほどが相場なので、マウスピースを持っているならこの価格帯に収まります。

ホームホワイトニングは初期費用としてマウスピース代が重いですが、その後はジェルの費用だけでホワイトニングができるのでコスパは良いです。

セルフホワイトニングは5,000円~30,000円

種類別としてはセルフホワイトニングはオフィスホワイトニングの1種です。ただし、「過酸化成分」を使っているかどうかという種別からいうと、一般的にセルフホワイトニングとオフィスホワイトニングは区別されます。

セルフホワイトニングの相場は5,000円前後~30,000円ほどであり、オフィスホワイトニングとそれほど相場が変わりません。

セルフホワイトニングは基本的に自分で施術を行うので過酸化成分未配合の薬剤が使われています。その為、同じ相場帯という点を考慮すると、確実に効果を実感したい方はオフィスホワイトニングを利用する方が良いでしょう。

ラミネートべニアは50,000円~150,000円

これはホワイトニングではありませんが、「ホワイトニング=白い歯を作る」という意味ではラミネートべニアを覚えておいて損はありません。

歯の汚れがステインではなく加齢の場合、ホワイトニングで歯を漂白しても白くならないことがあります。その時に現状としてはラミネートべニアが最も安く白い歯を作る方法となります。

ラミネートべニアはセラミック治療の1種であり、ネイルのように歯に薄いセラミックを装着することで白い歯を作ることができます。

セラミック治療の相場が60,000円~150,000円、ラミネートべニアの相場が50,000円~150,000円です。

ホワイトニングを試したけれど歯が白くならなかったという方は、ラミネートべニアを検討してみてくださいね。

クリニックのホワイトニングの選び方は?

上記4種の施術メニューの選び方は

・オフィスホワイトニング:即効性があるので大衆向け
・ホームホワイトニング:即効性があるので大衆向け
・セルフホワイトニング:すでに歯が白い方にオススメ
・ラミネートべニア:ホワイトニングで対処できない場合の最終手段

といった感じです。

最も迷うのが「オフィスホワイトニング」or「ホームホワイトニング」ですが、これはどちらも過酸化成分から漂白できるので一長一短です。

オフィスホワイトニングは照射システムによって即効性が高くなります。薬剤を塗ってからLED照射で温度を上昇させることができるので、ホームホワイトニングに比べて同時間の同濃度でもオフィスホワイトニングの方が効果が高いです。

ホームホワイトニングも高濃度ジェルで漂白できるので効果がありますが、自宅でホワイトニング作業をするのが面倒というのが欠点でしょうか。ただし、ホワイトニングは毎日の飲食によって色戻りがあるので、定期的に自宅で気軽にホワイトニングできることが強みだと言えます。

また、歯の色が気になった時にオフィスホワイトニングをすれば良いという考え方で言うと、ホームホワイトニングを初めておく方が費用が圧倒的に安く付きます。

上記のようにホームホワイトニングは初期コストが高く付くものの、マウスピースを作成した後は薬剤の費用だけで即効性を得られるホワイトニング生活を実践していくことができます。

費用を重視するならホームホワイトニング、心理的不安や作業の手間を重視するならオフィスホワイトニングといった感じです。

市販グッズのホワイトニング相場

ホワイトニングに関する日本産の市販グッズは

・歯磨き粉
・消しゴム
・マニキュア

があります。

日本では、過酸化成分が配合されているホワイトニンググッズが販売されていないので、歯磨き粉やシールなどの過酸化配合アイテムは外国産となります。また、高濃度ジェルについてもメーカーから直通で購入できるのは医師だけです。

通販サイト経由で外国産アイテムや高濃度ジェルを入手する時は「口内検査を事前に受けておく」を基本として覚えておきましょう。

口内検査を受けておけば過酸化成分を使えるかどうかを判断しやすいです。過酸化成分は妊娠中に使用を控える、口内に病気がある場合は使用を控えるなど、副作用に対する注意事項が色々とあります。

歯磨き粉の相場は500円~5,000円

ホワイトニング歯磨き粉の相場は安いもので500円、高いもので5,000円ほどです。

基本的に高い歯磨き粉を購入する方がホワイトニング効果が高いイメージが持たれますが、上記のように日本産の市販グッズは過酸化成分が配合されていないので、どんな歯磨き粉を買っても即効性はありません。

ホワイトニング歯磨き粉は医薬部外品が良いと言われますが、医薬部外品を買っても即効性はないので過度な期待は禁物です。

現状、ホワイトニング歯磨き粉の評価や口コミをリサーチすると分かりますが、どんな製品を購入してもホワイトニング効果は似たり寄ったりです。

一般的には歯を白くするというよりは、普通に歯磨き粉を使う延長としてステインを落としやすいかどうかで判断する方が多い印象があります。

消しゴムの相場は500円

消しゴムというのはアタッチメントで歯の表面を研磨するアイテムです。

通販サイトにおいても、ホワイトニング消しゴムは多数の製品が流通している状況ではありません。

種類が少ないので自然と候補が決まってくるでしょう。

効果については「研磨によってステインを落とせる」というメカニズムから想像できるように、歯の表面に付着しているステインに対しては効果的です。

ただし、歯の汚れが内面型の場合は漂白しなければ歯を白くできないので、消しゴムで研磨し過ぎてエナメル質が薄くなってしまうというオチは回避しましょう。

歯のマニキュアの相場は1,000円~2,000円

歯のマニキュアというのは白色の着色成分を歯に塗ることで、一時的に歯を白く見せることができるというアイテムです。

早ければその日に着色が落ちてしまうので、本当にその場凌ぎで活躍するアイテムです。

こちらも歯の消しゴムと同様に種類が少ないので、自然と相場は1,000円~2,000円ほどに着地します。

外国産の過酸化タイプは危険?

基本的に効果のあるホワイトニンググッズは圧倒的に外国産です。

その理由は、外国産の歯磨き粉やシールには過酸化成分が配合されているからです。

通販サイト経由で外国産のホワイトニンググッズを購入使用することができますが、その場合にリスクとなるのが副作用です。

過酸化成分の副作用は知覚過敏であり、口内に病気を持っている場合は激痛が走ることがあります。

外国産のホワイトニンググッズは危険といえば危険ですし、大丈夫といえば大丈夫です。つまり、自分で「歯」や「過酸化成分の副作用」について知識を持っておき、さらに歯医者さんで口内検査を受けておけば副作用を考慮して使用しやすいです。

根本的に大丈夫かどうかを判断するためには、口内状態を把握することが必要不可欠です。その為、大衆向けのホワイトニンググッズとは言えません。

高濃度ジェルの個人購入は危険?

クリニックで使われている高濃度ジェルを個人で購入するのは危険かどうか、これについても外国産のホワイトニンググッズを購入する場合と理屈は同じです。

クリニックでは副作用を懸念して最初に口内検査を実施しますが、個人で購入する場合も一度は口内検査を受けておく方が良いでしょう。

電動歯ブラシの相場は5,000円~40,000円

最後に「歯磨き=綺麗で健康な歯」という意味合いから、電動歯ブラシも紹介しておきます。

電動歯ブラシは低スペックなら5,000円以下で購入することができ、ハイスペックになると15,000円前後~40,000円ほどが相場となります。

歯磨きは健康且つ綺麗な歯をキープするために必要な習慣なので、ホワイトニングをした後などに電動歯ブラシを検討してみてはいかがでしょうか?

手磨きに比べると歯垢やステインの除去率は、ブラッシング効率から電動歯ブラシの方が高くなります。最近は、スマホと連動している近代的な電動歯ブラシもあるので、楽しみながら歯磨き生活を送りやすいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加