前歯の差し歯は保険外がオススメ?それぞれの施術種類・特徴・費用相場をまとめてみました

差し歯の保険適用と特徴

前歯が折れたり欠けたりしたら、差し歯を検討することになります。

差し歯というのは人工的に作られた歯を装着する治療ですが

・保険診療:3,000円~8,000円
・自由診療:50,000円~150,000円

の2種があります。

費用だけを重視するなら保険診療の方が良いですが、審美性を追求するなら自由診療の方が良いです。

保険診療の差し歯の特徴

保険診療の差し歯の特徴は、とにかく治療費が安いことです。

自由診療の相場が安くても50,000円前後、保険診療は高くても10,000円弱です。

かなり大きな治療費の差があるので、審美性なんて後回しという方は保険診療一択でしょう。

自由診療の差し歯の特徴

自由診療の差し歯の特徴は、自然歯と変わりない審美性を得られることです。

「その前歯は人口歯なの?!」と驚かれるほど、本当に自然歯との違いが分からないほどのクオリティがあります。

審美性に強いこだわりがある方は保険診療の差し歯では満足できないと思うので、必然的に自由診療の差し歯を検討することになるでしょう。

保険の差し歯の種類

保険診療の差し歯の種類は

・硬質レジンジャケット
・硬質レジン前装冠
・銀歯

があります。

虫歯治療をすると銀歯で詰め物や被せ物をしますが、前歯については銀歯ではなく硬質レジンが使われます。

硬質レジンというのはプラスチックのことなので、保険診療の差し歯は自然とプラスチックで作った人口歯を装着することになります。

保険の適用は2年間

保険診療で硬質レジンを装着したら、「補綴物維持管理」によって2年間は無料で再治療を受けることができます。

そもそも治療費が自由診療よりも安い上に2年間の保証期間が設けられているので、治療費を最低限に抑えたい方にとってはかなり助かる制度です。

この保証制度については「2年以内なのに治療費を取られた」などいろんなケースのトラブルがあるようですが、基本的に治療を受けた時に医師から補償について説明があります。

クリニックによっては補綴物維持管理の申請をしていないところもありますが、その場合も説明があるはずです。

トラブルを回避するためには治療を受ける前に「2年保証はありますか?」と聞いておけば問題ありません。

保険診療の差し歯のメリットは?

保険診療の差し歯のメリットは費用が安いことです。

人によっては審美性を求めて自由診療からセラミック歯を希望することがあると思いますが、お値段が高いので簡単には手を出せません。

少しずつ貯金をしてセラミックの治療費を貯める場合など、当面は保険診療で凌ぐことができます。

治療費が安いというのは思っている以上に大きなメリットです。

保険診療の差し歯のデメリットは?

保険診療の差し歯のデメリットは審美性がセラミック種に劣ることです。

完全なる真っ白な自然歯と比較すると分かりますが、レジンは少し濁った色をしています。

前歯の片方だけを保険診療で治療する場合、対になっている片方の前歯が綺麗な自然歯だと少し違和感を感じるかもしれません。

奥歯なら笑顔を見せても他人に見られることもないので良いですが、前歯だからこそ審美性が重要になってきます。他の歯の色があまりにも白いと違和感を感じやすいので、これが最大のデメリットです。

自由診療の差し歯の種類

自由診療の差し歯の種類は

・オールセラミック
・ハイブリッドセラミック
・メタルボンド
・ジルコニア
・ゴールド

などがあります。

奥歯についても前歯と同様に上記のような素材からインレーやクラウンが可能です。

その為、奥歯の虫歯治療で銀歯が嫌だという方は自由診療から審美性を求めることができます。

保険はクリニックによって様々

保険診療では、基本的に2年保証があります。

しかし、自由診療では差し歯の保証があるかどうか、その保証期間についてもクリニックによって様々です。

審美クリニックの殆どはしっかりと保証が用意されており、大抵は保証期間が2年~3年です。長期になると5年~10年というクリニックもあります。

とにかく自由診療は治療費が高いので、単純に治療費だけを見るのではなく保証期間も合わせて見ておきましょう。

保証期間が長期になるほど安心できますし、逆に保証期間が短くなるほど差し歯を大切に扱う必要が出てきます。当然ながら、差し歯が破損すると再治療が必要なので、その時に保証期間を過ぎているなら初診と同様に高額な治療費が必要となります。

自由診療の差し歯のメリットは?

自由診療の差し歯のメリットは、自然歯と変わりない見た目を実現できることです。

上記のとおり、前歯だからこそ審美性を追求したいと思うことが多いわけですが、まさに自由診療の差し歯は最適です。

また、強度についてもセラミックやメタルボンドなど様々な素材を選べるので、差し歯が必要な時にいろんな素材の選択肢を持てることもメリットでしょうか。

自由診療の差し歯のデメリットは?

自由診療の差し歯のデメリットは、とにかく治療費が高いことです。

インレーとクラウンならインレーの方が安いですが、クラウンを作成する場合は下限帯でも約60,000円~80,000円ほどは想定しておく必要があります。

また、高額な治療費を掛けて差し歯を装着しても保証期間が短いと不安になります。補償がなければ再治療の時に前回と同様に高額な治療費が必要となるので、ここが本当に大きな悩みとなります。

「自分の歯には高額な差し歯が付いている」という自覚を持ち、フランスパンなど硬い食べ物は極力避けるなど工夫をすることも大切です。

素材の選び方は?

自由診療では、保険診療に比べて素材の選択肢が多いです。

実際に自由診療で差し歯を検討すると「どの素材が良いのかな・・・?」と迷うわけですが、素材の選び方は担当医のアドバイスを聞くのがベストです。

各素材には細部まで拾うとメリットやデメリットがあり、相場についても多少の差があります。

最もスタンダードなのがオールセラミックで80,000円前後~150,000円、ゴールドになると金なので下限帯でも100,000円ほどは見ておく必要があります。

見た目に関してはゴールドを除外してどれも似たようなものです。メタルボンドだけは歯茎との境目にメタルが見え隠れしやすいという欠点がありますが、他の素材に比べてメタルボンドの方が安いなら検討の余地があります。

見た目がどれも同じような感じなら強度で選ぶしかありません。強度についても8年~10年は持つと言われているので、そこまで大差はないでしょう。

見た目と強度に差がないとなれば、後は差し歯を装着する箇所において担当医のアドバイスを参考にするしかありません。

自由診療は色々と素材を選べますが、結局は各素材の違いが殆どないのでスタンダードな素材であるオールセラミックやハイブリッドセラミックなどに着地するケースが多いです。

前歯の差し歯は保険外がオススメ?

さて、前歯の差し歯は保険外がオススメなのか?

基本的にお金があるなら絶対に保険外がオススメです。

やっぱり耐久性と審美性の両方において自由診療の差し歯は誰にとっても理想です。高額な治療費が問題ないなら、わざわざ審美性の劣る保険診療の差し歯を選ぶ理由がありません。

逆にお金を工面するのが難しいならば、無理をして自由診療の差し歯を入れる必要もありません。誰もが高額な治療費を払って審美性を求めることができないから保険診療という救済措置があるわけですね。

前歯の差し歯を保険診療にするのか自由診療にするのか?その決め方は至ってシンプルであり、お金に余裕があるかどうかで判断しましょう。

前歯の見た目の重要性は人によって様々

前歯は綺麗な方が良いという当たり前の意見は山ほどありますね。

前歯が綺麗で良い印象を与えることができると、結婚や転職など様々な場面で間違いなく有利に転びます。

しかし、この意見は万人に共通するわけでもなく、すでに結婚をして落ち着いている方や仕事を退職している方などにとってはさほど重要でもないケースもありますね。

そう考えると、今後の人生が長い人ほど審美性の重要度が高くなり、今後の人生の岐路が多い人ほど価値を見出しやすいと言えます。

ブランド品は大切に

保険外の差し歯をファッションに例えると、「ブランド品」or「ファストブランド」といった感じでしょうか。

別に服装は気にしないという方はノーブランドで十分と考えますし、美容にこだわる方はブランド品に辿り着くことが多いでしょう。

ノーブランドのTシャツだと1,000円~2,000円もあれば買えますし、ブランド品になるとTシャツなのに10,000円を超えるのは珍しくもありませんね。どちらもTシャツとしての機能に変わりはなく、本当に好みの世界です。

保険診療と自由診療の差し歯では、どちらもそれほど耐久性は変わりません。一応、セラミック種の方が耐久性に優れていると言われていますが、自由診療で差し歯を入れても毎日の食生活で多少は気を遣う必要があります。

要するに自由診療の差し歯も万能ではないので、破損する時は破損するわけです。この点は「高額=万能」という勘違いをせず、見た目に対する価値観をしっかりと考えて自由診療の差し歯を検討してください。

実際に自由診療の差し歯を装着すると自然と意識すると思いますが、自分の歯に80,000円や100,000円と高額な費用が掛かっていることは本当に意識しておく必要があります。

「自分の歯はブランド品だ!」という表現は極端でもなく、雑に扱って破損すると大きな損失となります。

いつでも施術は受けられます

自由診療の差し歯は、保険診療の差し歯を抜歯して治療することもできます。

お金に余裕が出来たタイミングから綺麗な人口歯を検討できるので、それほど急ぐ必要はありません。

本当に保険外か保険内を決めきることができないのであれば、まずは保険差し歯から始めてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加