知っておきたい、早めに歯石を除去した方がいい理由と、除去方法、気になる値段相場!

歯石と歯垢は除去しなければならない

歯石は歯垢が固まった状態であり、とても硬い歯質であることから歯磨きでは除去することが難しいです。

歯石は「歯の表面」や「歯と歯茎の間」に蓄積され、歯磨きを怠ると歯茎の内部に歯石が貯まることもあります。歯石が貯まると歯周病や歯肉炎になりやすく、これらの病気は歯茎の出血や歯のぐらつきなど様々な影響をもたらします。

歯石は微塵足りとも残さないのが理想

歯石は歯垢が固まって出来上がる歯質なので、歯垢を除去すれば歯石の蓄積を最小限に抑えることができます。

歯垢は飲食によって発生するだけではなく、食事をしなくても自然に口内に貯まります。それが短時間で歯石へと変化するので、1日に2回~3回はしっかりと歯磨きをすることが大切です。

歯垢が歯に付着している状態で歯磨きをすれば、歯石になっていない場合はブラッシングで除去できます。つまり、歯磨きを怠るほど歯石が蓄積されることになるわけです。

歯石の除去方法

歯垢が歯石になると歯磨きでは除去するのが難しいため、歯医者さんでクリーニングを行います。

クリーニングはスケーラーなど専用器具を使って硬い歯石を除去できます。この治療は保険診療なので、2,000円~3,000円と安い費用で施術を受けられます。

また、歯医者さんのクリーニングにはPMTCという自由診療もありますが、こちらはステイン除去を目的とした治療なので歯石除去は保険診療の方が適切です。ちなみに自由診療の相場は5,000円~30,000円と費用が高くなります。

クリーニングは3ヶ月に1度のペース

クリーニングは小まめに施術を受けておくのが理想ですが、2ヶ月~3ヶ月に1度のペースでも問題ありません。

あくまでも歯磨きを徹底していることが前提ですが、しっかりと歯磨きをしておけばそれほど歯石は貯まりません。

クリーニングは費用が安いので、定期検診という意味合いも含めてたまに施術を受けるようにしましょう。

歯石が貯まりやすい箇所は?

歯石は茶色っぽく濁った色をしているので、見た目ですぐに分かります。

歯石は歯磨きをしやすい箇所には蓄積しにくい傾向があり、逆に前歯の裏面など歯磨きをしずらい箇所に蓄積されやすいです。

表よりは裏側、奥歯よりは前歯に歯石が貯まりやすいので、歯磨きをする時に気にかけてみてくださいね。

歯磨きを見直そう

さて、歯石を放置すると歯周病や歯肉炎になりやすい為、必ず定期的に歯石を除去することが大切です。

歯石を蓄積させない為に重要となるのは「歯磨き」であり、歯磨きを徹底すれば歯石の蓄積量は極度に抑えられます。

しかし、歯磨きをしていても歯石が蓄積されることがあり、その原因は歯磨きの仕方や歯並びによる影響が大きいです。

1日2回は歯磨きをしよう

1日の歯磨き回数は2回~3回が理想です。

朝起きたら就寝中に口内に貯まった歯垢をしっかりと除去しましょう。口内に飲食物を残さない方が良いため、朝食後に歯磨きをするほうが良いです。

お昼は学校や仕事があるので歯磨きができませんが、持ち運びが簡単なコンパクトサイズの歯磨きを購入すると昼食後の歯磨きを手軽に実践しやすいです。

夜は晩御飯を食べた後に歯磨きをしましょう。

このサイクルを徹底することで、歯石の蓄積を抑えて歯周病等の口内予防に繋がります。

1歯に20~30ブラッシングを心掛ける

歯磨きの目的は歯に付着したステインや歯垢を除去することです。これらをしっかりと除去するためには、ブラッシング回数と磨き方がポイントになります。

ブラッシング回数が多いほど、その歯に対するステインや歯垢の除去率は高くなります。また、磨き方を工夫すると歯と歯の隙間、あるいは歯と歯茎の隙間もしっかりと綺麗にできます。

1つの歯に対して20~30ほどのブラッシングを心掛け、特に歯石が貯まりやすい前歯の裏面は徹底して磨くようにしましょう。このブラッシング回数で歯磨きをすると、大体2分~3分くらいの時間となります。

歯磨きの効果を高めるならブラッシングの時間を長くする方が良いと言えますが、歯磨き粉の成分に研磨剤が配合されていると歯が傷つくこともあります。

手磨きのブラッシングテクニック

多くの人は手磨きの歯ブラシを使っていると思いますが、どうしても前歯の裏面は磨きずらいですね。そこで、歯ブラシの持ち方や磨き方を工夫してみましょう。

前歯の裏面を磨く時、歯ブラシを「親指」+「人差し指」+「中指」の3指で持ちます。そのまま、前歯の裏面に歯ブラシを当てて水平にブラッシングすると非常に磨きやすいです。

このやり方だと、電動歯ブラシに匹敵するほどのブラッシング効果を得ることができ、しかも奥歯など他の歯と同様にスムーズに歯磨きができるのでやってみてくださいね。

歯ブラシと歯磨き粉にこだわろう

歯磨きを徹底するにあたり、歯ブラシと歯磨き粉にこだわることも大切です。

歯ブラシは「手ブラシ」と「電動歯ブラシ」があり、両者において様々なヘッドタイプがあります。

歯磨きは基本的に「フッ素」が配合されている製品を使うと効果が高く、「研磨剤」が少ないほど歯に傷が付きにくいです。

歯ブラシのヘッドは堅い方が良い?

歯ブラシのヘッドは柔らかいタイプや堅いタイプがあります。

歯周病予防を売りにしている歯ブラシは、歯石を除去することを目的にしているので堅いヘッドが多いです。

堅いヘッドを使って効果があるのかというと、これは基本的に歯石がすでに歯に付着していると効果は殆どありません。毎日ずっと堅いヘッドで歯石をブラッシングすることで、いずれはその歯石が無くなる可能性はあります。しかし、その前にクリーニングをするほうが早いですし確実ですね。

歯ブラシのヘッドタイプは好みの世界であり、人によって磨きやすさもかなり変わると思います。いろんなヘッドタイプを試して歯磨きをしやすいかどうかで判断してみてください。

電動歯ブラシはどうなの?

電動歯ブラシの強みは「振動」によってブラッシング効率が良くなることです。

1つの歯に対して「手ブラシ」と「電動歯ブラシ」でブラッシング効果を比較したら、これはやっぱり電動歯ブラシの方が効果が高いです。歯垢はもちろん、ステイン除去の効果についても電動歯ブラシの方が高いでしょう。

しかし、電動歯ブラシは1つ1つの歯に対して丁寧な歯磨きを実践すると高い効果を得られるものの、人によっては微調整をしながら歯磨きをしずらいと感じることがあると思います。

電動歯ブラシに求める効果は手ブラシと同様であり、電動歯ブラシを使うとクリーニングのように硬くなった歯石を除去できるわけではありません。

結局、電動歯ブラシを使っても歯磨きをしずらい場合は磨き残しが多くなるので、それは歯石の蓄積に繋がってしまいます。電動歯ブラシも手ブラシと一緒で自分にとって使いやすい製品を見つけることが大事です。

ちなみに電動歯ブラシは価格やスペックがピンキリで、ハイスペックの高価格帯では20,000円~40,000円です。逆に低スペックの低価格帯では5,000円ほどで購入できます。

一般的には「モード」や「ブラッシングストローク数」を見ながら電動歯ブラシを選ぶことが多いですが、磨きやすさを追求するならヘッドタイプや持ちやすさを重視するほうが良いです。

知覚過敏はシュミテクトがオススメ

殆どの歯磨き粉は「虫歯予防」や「歯周病予防」として売られているので、フッ素配合から歯磨き粉の効果を高めることができます。

フッ素については濃度が高い方が良いとされていますが、歯磨きの成分だけですべてが決まるわけではないので気持ち程度で良いと思います。日本ではフッ素濃度の上限が1,000ppmなので参考にしてみてくださいね。

歯垢や歯石によってすでに歯周病になっている方は「シュミテクト」がオススメです。

この製品は歯科医師からも推薦されることが多く、歯の表面や歯茎をコーティングすることから知覚過敏に対する効果が高いとされています。

知覚過敏は歯の表面のエナメル質や歯茎が薄くなることから、神経までの距離が短くなって一過性の痛みを感じやすい症状です。加齢が原因で起こる身近な症状でもあるので、知覚過敏に悩んだときはシュミテクトを試してみて下さい。

歯石除去は費用が安い

歯石除去に対する総費用は、歯科矯正や虫歯治療など他の治療に比べて格段に安いです。

すでに重度の歯周病で歯茎の手術が必要という場合などは話が変わりますが、基本的には保険診療のクリーニングで2,000円~3,000円ほど掛かるだけです。

後は、歯ブラシと歯磨き粉の費用が掛かりますが、これは安く抑えると2つ合わせて1,000円ほどです。

ポイントになってくるのは「クリーニング」と「歯磨き生活」なので、歯ブラシや歯磨き粉にこだわりながら歯磨きの意識を高めておき、定期的にクリーニングを受けるようにすれば歯石をしっかりと除去できます。

ホワイトニングでは歯石除去はできない

ホワイトニングとクリーニングを混同している方は意外と多いと思いますが、ホワイトニングでは歯石を除去することができません。

クリニックで行うホワイトニングは、あくまでも歯を白くする施術です。過酸化成分を歯に浸透させ、それによって内部の汚れを漂白することができます。一方、保険診療のクリーニングはスケーリングで歯石を除去する施術です。

このように2つの診療は似ているようで全く異なる内容なので、区別して覚えておきましょう。

また、綺麗な歯を目指す場合は保険診療のクリーニングで歯垢や歯石を除去しておき、その上でホワイトニングするのは相乗効果が高いです。この場合、自由診療のクリーニングを併用することでさらに歯の表面の汚れも除去できるので、完璧に綺麗な歯を目指すことができます。

ホワイトニングは10,000円~30,000円と相場が高いので、健康な歯を目指しながらも余裕があれば検討してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加